256

04/05 - 作業メモ

〇環境構築

1. KaliLinuxを入手
https://images.offensive-security.com/virtual-images/Kali-Linux-2016.2-vbox-i686.ova

本では、VM用だが私の環境ではVBoxなのでVBox用をダウンロード(32bit)

起動するとログイン画面になるので以下を入力することでKaliデスクトップ環境にログインできた。
ユーザ:root
passwd:toor

 

 

サイバーセキュリティープログラミング

O'REILLYから出版されている「サイバーセキュリティープログラミング - Pythonで学ぶハッカーの思考」、この本にそって実際に作業を行う。

・作業を行った日には日毎にブログに作業メモを記載する

・記事のカテゴリはサイバーセキュリティープログラミング

 

サーバー構築してみる 4

サーバー構築してみる 2でリンクを張った以下のサイトを参考に作業を進めた。

VirtualBoxを使った仮想Linuxサーバのローカル開発環境構築 - オープンソースこねこね

 

SELinux を無効化する前に今の設定を確認。 #これ無効化する必要あるのかな?

f:id:saba256ide:20161012215456p:plain

 

 

#あと、iptablesの設定も必要あるかな?

今回はとりあえずSELinuxiptablesの設定を素っ飛ばしてsambaインストールからやってみる。

# yum install samba
# cd /etc/samba
# vi smb.conf を設定。

その後、sambaを起動

ホストOS(windows)のエクスプローラーからアクセス。

ネットワークエラーが発生。

これってもしかしてSELinuxiptablesの設定を素っ飛ばしたからかも?

ファイアーウォールが邪魔してるのかな。

f:id:saba256ide:20161012221625p:plain

ってことで、今日はここまで。

はてなブログからはてなブログへインポート

使用しているアカウントを変更したくて、はてなブログからはてなブログへインポートする事にした。

新しいアカウント作成。

古いブログアカウントで作成した記事をバックアップ

新しいアカウントのブログへインポート。

この時、画像はバックアップされないって書いてあったけど、移行されたみたい。

新しいアカウントにインポートした記事が全てある事を確認(画像含め)

古いブログを削除。

 

再度ログインし直したら、新しいブログに記事がありませんって表示になった。

先ほど記事が全てある事を確認したのに何故?って思いながらも、もう一度インポートしたら記事が2重であがってしまったので、重複分の記事を削除。

時間差反映だったのかな?

 

まぁ、無事に移行出来てよかった。

サーバー構築してみる3

 

サーバ構築する前に、ネットワークの設定をおさらい。

前に環境を作成してから時間が経ってIPアドレスすら覚えて無かったので

先ずはCentOSのネットワーク設定をおさらいします。

(前提としてVirtualBoxにguestOS作成してCentOSをインストールしています)

 

アダプター1にホストオンリーアダプタを設定

ホストOSとguestOSの相互通信をpingで確認済

これは閉じたネットワーク用。(外部接続出来ないのでNATを設定して外部接続できるようにする)

f:id:hodasuku:20160930003656p:plain

 

アダプター2にNATを設定

外に出る用のネットワーク設定。

ping www.yahoo.co.jpで外部との疎通を確認済

(今回はアダプター2にNATの設定をしてみたけど、調べるとアダプター1にしている人が多い、アダプター2だと何か不便なのかな?)

f:id:hodasuku:20160930003700p:plain

 

/etc/sysconfig/network-scripts/

ifcfg-eht0 が上図のアダプター1の設定ファイル

ifcfg-eth1が上図のアダプター2の設定ファイル

f:id:hodasuku:20160930002933p:plain

 

ifcfg-eth0の設定確認(アダプター1:ホストオンリー)

次のipアドレスを手動で割り当てた。

ipアドレス:192.168.56.3 

 

ifcfg-eth1の設定確認(アダプター2:NAT)

dhcpipアドレスを自動割り当て。

f:id:hodasuku:20160930005330p:plain

 

VirtualBoxcentOSの画面が小さく不便なので、teratermsshログイン。

sshでログインする時、NATのIPアドレスでログインするのかと思ったが、NATで設定されているIPアドレスからは「ホストに接続できません」エラーが出た。

ホストオンリーのIPアドレスからはssh接続出来て、また、ssh接続後外部疎通を確認の為、ping www.yahoo.co.jpしてみたが、問題なく外部に接続出来ていた。

ラズベリーパイ また壊れた

起動しなくなった。これで3度目位。

初期設定が終わって、次の次に起動すると大体壊れて、またインストールからやり直したけど、また壊れて起動しなくなった。。。終了のさせ方に問題があるのかなぁ。

 

現状の終了の仕方

ノートPCとラズパイを繋いで、teratermでアクセス。

USB-シリアル変換ケーブルはこんな感じでつないでいます。

f:id:hodasuku:20160919202630j:image

この状態でPCと接続して、teratermを通してラズパイのアップデートや色々な設定をする。

ラズベリーパイを終了する時、teratermから「shutdown -h now」を入力。

teraterm上で終了処理が走る、そのまま待ってるんだけど、処理は終わった様で、teraterm上は処理が終わっている。

ターミナルが閉じないので「exit」コマンドを入力しようとするが、ラズベリーパイ自体は終了しているので、入力出来ない状態。仕方なく×印でターミナルを閉じる。

 

毎回こんな感じで終了していたら、何度目かで起動しなくなる。

他にどう終了したらいいんだろう。

 

 

 

ラズベリーパイをノートPCで使用しようする時に参考にしたのは次のページ

Raspberry Piをノートパソコンで使うよ | あっかぎのページ

パソコンとシリアル通信する方法

 

情報収集とアウトプット模索中

現状の情報収集のツール

はてなブックマーク

feedlygoogleアラート連携

・pocket

 

記憶に残らない

これらのツールで集めた情報は読んでも記憶に残ってないことに気付く。

また、「後で読む」にした記事が積読している。

情報収集に伴って知らない言葉が出てくる、その都度調べて分かった気になっているが、次に出てきた時に思い出せない、説明できない事に気付く。

 

解決法を模索中

自分の言葉でアウトプットを作成する

用語集を作る

 

情報収集とアウトプット作成の時間をあらかじめ確保する。

 

アウトプットを、うまくまとめられる気がしないんだが。

文章苦手だ。